ねずみやシロアリ駆除などはプロにお任せ【駆除お助け110番】

外来種

外来種のアリは人に噛みつきます。

pest extermination

虫がよく入ってくる環境で育った人とってありはまだかわいい方です。ただこのような家には鬼ヤンマやアリなどが頻繁に入って来ます。しかし、生活している人はそれほど気にしていません。「虫が入って来てる」と指摘すると、放っておけば出て行くからとあっさりと答えられて終わりです。これが生き物としての本来の生活姿なのでしょう。しかし、都会に住むようになるとこうは行きません。アリが家内に入ってくるだけでも不快ですので駆除をします。もしくは、駆除を専門業者に依頼します。特に最近のアリは外来種が猛威を振るっており、昔からのアリとは違った特徴を持っています。人に噛みつき危害を加えるので、駆除するしか無いのです。

日本全体に広がっていくと予測されています。

今後はこの外来種のアリが都市部から田舎へと広がっていくと予測されています。これらの外来種は海外産の農作物に紛れ込んで日本に侵入してきます。つまり、現状では貿易の盛んな東京、横浜、神戸などの大都市部に多く分布しています。それも、いずれ外来種独特の繁殖力の強さで日本中に広がってしまいます。日本中の河川がブラックバスとブルーギルだらけになってしまったのと同じパターンです。政府の方でも、これらを防ぐように法律を作って頑張っていますが、中々効果を発揮できません。何しろ外来アリの繁殖力はすさまじいので、それの徹底駆除は困難を極めるのです。この外来種のアリの天敵である動物を輸入して国内に繁殖させて駆除しようと言うアイディアがあります。しかし、これもまた新たな弊害をうむ可能性があるので実行はされていません。